病院紹介

ごあいさつ

病気や事故はわたしたちの思い通りには眠りませんし休みません。
人口300万人以上を誇る最大の政令指定都市である横浜市。
その都市の規模に比して夜間の小動物救急体制は貧弱であり十分に需要に応えられているとは言い難い状況です。

この苦境を打破すべく2022年6月にわたしたちは横浜動物救急診療センター(VECCS横浜)を開院いたしました。

心肺蘇生・重症管理・緊急手術や内視鏡などなど、かかりつけ動物病院の休診日や夜間の無獣医時間をカバーする、主に犬猫を対象とした救急診療に特化した施設です。
(ワクチンや避妊・去勢手術等の予防業務・健康診断・ペットホテル・トリミング・フード販売は行いません)

救急動物病院出身の経験豊富なスタッフが直接指導する獣医療チームが診療に当たるとともに、かかりつけ動物病院へのスムーズな診療内容引継ぎのために検査データや診療報告書を毎回提供致します。

年々逼迫する横浜地域の小動物救急体制を少しでも支えられるよう、国内の救急獣医療の発展に少しでも貢献できるよう尽力します。

困った時にはお気軽にご連絡ください。

施設・設備

380㎡の面積に救急獣医療に特化した設計と機器導入を行いました。
CTは開業時未導入ですが1~2年の内に導入を計画しております。

入口ロゴマーク

入口前の緊急時駐車スペース

一刻を争う状態の動物の来着時にご利用頂ける駐車スペースを確保しました。(通常時の利用はご遠慮頂いております)

受付

病院到着時に緊急度選別(トリアージ)を行います。

待合室

処置室

内視鏡検査や簡単な手術、人工呼吸管理などを実施可能です。

心肺蘇生室

主に心肺蘇生を行うことを想定したスペースで入口の間近に設計しました。

第1診察室

第2診察室

超音波検査室を兼ねる診察室です。酸素吸入をしながらの超音波検査も可能。

第3診察室

センターテーブル

様々な作業をしながら重症患者の監視ができるよう配置しました。

検査エリア

血液検査や尿検査を行うエリアです。

CT室

開業から1~2年の内に導入を予定。処置室に直結した動線重視の設計です。

X線室

処置室に直結、動線重視の設計です。撮像から現像まで極めて短時間で行えるDRを採用しました。

手術準備室

手術器具の滅菌や執刀者が手術着を着る場所です。

手術室

処置室に直結させ、機動的な運用が可能な手術室です。電気メスなど基本的な道具を揃えています。

ICUユニット

酸素吸入や体温管理など重症動物の入院管理に活躍します。

大型犬入院室

大型犬入院室を2頭分確保しました。検査エリアと一体化させ視認性を高めた設計です。

入院室

容態の安定した動物やストレスを感じやすい動物のための入院室です。

セルフレジ

ミーティング室

超音波検査装置

検査室内のみならず、広い処置室内で機動的な運用が可能な機種を選定しました

消化管内視鏡

胃や食道内異物の摘出や胃洗浄に活躍します

生体モニタ

麻酔中や重症管理中の動物に装着します。

人工呼吸器

麻酔中や重症な動物の安全な呼吸管理に欠かせません。

電気的除細動器

心室細動に陥った動物に対するほぼ唯一の治療が電気的除細動、いわゆる電気ショックです。

血液ガス測定機器

重症動物の迅速な状態把握に大活躍の救急診療に欠かせない血液検査機器です

院内ストリートビュー